幸せに学ぶ:メールマガジン登録

ぼくたち日本人はルールを守るのが得意ですよね。
大変な時でも、いや、大変な時にこそしっかりルールを守ろうとします。

かたや、美学は『できたら守った方がいいこと』『必要ではない、プラスアルファ』という感じではないでしょうか?
公的な約束というよりも、個人的なこだわりとして捉えがちです。

しかし、美学を持つことには大きな意味があります。

 

  
それは、まさに美学が『必要ではない、プラスアルファ』
であるが故に持っている『余裕』と関係しています。
肯定性と言ってもいいでしょう。
 
自分が善いと信じるものに近づいていこうとする意欲は、人を前向きにします。
 
 
一方、ルールの中核にあるのは『禁止』なので、それだけに固執すると人は萎縮してしまいます。
気持ちに余裕がなくなるのです。自分をしばり、人をしばろうとする無意識の足かせと言えます。
 
徹底的にルールを守ることは不良品を出さない工業中心時代には圧倒的なアドバンテージになりました。
しかし、今はモノよりもサービス、情報とイメージが牽引する時代であり、そこでは『創造性』が求められます。

美学とは、まさにその『創造性』の鍵になるものです。

以下のフォームからご登録いただくと、美学が身につくメールマガジンを週に一度お届けします。

© 2019 株式会社青い街