​四柱推命/円推力

『四柱推命』は、陰陽五行説をベースにした中国発祥の占いです。

年、月、日、時、の四つ干支を柱とし、その人の生まれ持った可能性を見ていきます。

中でも、『円推力』は四柱推命の大家である鳥海伯翠先生が開発された表現方法で、四柱推命による相性の結果を視覚的に示します。

『百聞は一見にしかず』というわけですね。

図で示されると、『あう/あわない』が一瞬にして把握できます。

ただし、単純に重なればいいというものでもありません。

どのエリアで重ねっているかも、相性を見る上ではとても大切なんです。

どこで重なっているか?

たとえば、上の図はわたし(スギオカ)の父と母の相性を示した円推力図です。

白が父で、ピンクが母の資質を示しています。

 

重なっている部分がけっこうあるので、一見『気があう』ように感じられますが、風のエリアの特徴は自由を好む気質です。

つまり、実は二人とも『自分の好きなことをしたい』人だったんですね。

 

しかも、鋭角部分は違った方向を示しています。

父は活動的でエネルギッシュな太陽のエリアに向い、母は静かに習いごとをしたい、月のエリアの人でした。

 

この診断結果はかなり事実とも近いのですが、わたしはそれよりも『関係性の違いを、視覚的にハッキリと認識できる』意味が大きいと考えています。

 

人間は、本来一人づつ違っているわけですから、どうしても好みや意見がずれて当然

それを無理やりねじ曲げてあわせるのではなく、違いを違いとして踏まえるところから相互理解は始まります。

 

その証拠に(?)、仲がいいはずのわたしたち夫婦は、重なるどころか、まるっきり違ったあり方を示しています。

というか、ストライクゾーンが狭過ぎですね > 奥さん(笑)

相性診断します

わたしは、すべての人間関係が善くなればいいと願っています。

 

と書くと、非現実的と思われるでしょうが、何も『全員が全員とつながる』ことを前提にはしていません。

地球上の人間すべてがお互いにつながれるなんて、それこそ非現実的と言えます。

 

当たり前ですが、近い関係性の人もいれば、一生のうちにまったく接することのない人も存在します。

 

だからこそ、近い距離にいる人との関係性が良好であってほしいと願うのです。

 

特に、夫婦、恋人、親子、友人、同僚ですね。

 

そうした関係性を善くするための一助として、四柱推命/円推力を役立てたいと考えています。

ご興味ある方は、最下段にあるフォームでお申し込みください。1〜3日程度で結果をお返しします。

 

ただし、『知らない人に、いきなり生年月日を教えるなんて……』と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、感情のメカニズムについて解説した、わたしのビデオを掲載しておきます。

感情のコントロールこそ、人間関係の大きな鍵になるからです。​

動画を見て『占ってみてほしい』『相談したい』と思われた方は、以下のフォームからお申し込みください。

ご相談の流れは、以下の通りです。

 

1:貴方とお相手の誕生日データをお送りください。

2:スギオカから鑑定結果をお送りします。

3:質問やご相談があれば、返信ください。

  鑑定後のやりとりは3往復が基準です。
※「鑑定結果にもとづく2回のご相談をふくむ」という意味。

鑑定料は5,500円(税込)です。

------------------------------------------------------

 

『フォームがうまく表示されない』『機能しない』場合には、空色の『別画面でフォームを開く』ボタンをクリックして、専用ページを呼び出してください。

© 2020 株式会社青い街