「細かい」といふこと



もともと日本の文化というのは

「あれとこれとの違いがわかる」

という繊細さに根ざしていました。

 

今でもその名残りはあちこちにあって

フランス人の友人に言わせると

「日本人がラーメンについて話すのは

 ジャスの評論を聞いてるみたい」

だそうです。

 

細か過ぎて、わけわからん、と(笑)

 

 

一方で、だからこそ

いらない機能を山ほどつけてしまう

製品のガラパゴス化も起こしがち。

 

諸刃の剣でもありますね。

 

 

感動経営は

個にフォーカスをします。

 

従業員に対してもそうですし、

お客様に対しても。

顔の見える人間的な接し方が要諦です。

 

 

そういう意味では

極めて日本的な経営手法とも言えます。

 

所作の丁寧さ。

 

方法論的な「術」ではなく

あり方を問う「道」に通じる考え方です。

© 2020 株式会社青い街