「あの人はそれが好き」という情報



昨日は友人の山崎曜さんにお声がけをして

わが家で味噌づくりをしました。

もともと妻が味噌づくりを予定していたところ

「そう言えば、山崎さんは大豆好きだったよね」

「だったら、きっと味噌づくりにも興味あるはず」

という話になったからでした。

 

実際、お声がけしてみると

二つ返事で参加表明。

 

好きなものを人に知っておいてもらうというのは

大切なことですね。

 

今では、amazonがその役割の一端を

になっていたりもするわけですが(苦笑)

「あの人はこれが好き」という情報は

大切なものを大切にあつかう感じがして素敵です。

 

 

感動経営では、

顧客の「顧」に個人の「個」をあてて

お客様と顔の見えるおつきあいを志向していますが、

それはまさに「あの人はこれが好き」の

具体的な展開と言えます。

 

もちろん、単に情報を処理するだけなら

AIの方が有利なわけですが、

その背景に「人が人を思う心」があるからこそ

感動があるんですよね。

 

これからは、ますます

そのことが重要になっていきます。

© 2020 株式会社青い街