おもしろさとはそむくこと



少し前に「優」しいに「憂」の字が入っている理由を知り、

なるほどなぁ、と思いました。

一緒に憂えてくれる=悲しんでくれる人が優しいわけです。

 

一方、楽しませてくれる人は「俳」。

二つあわせて俳優ですが、

「優」しいに「憂」が入っているのと同じくらい

「俳」に入っている「非」がなぜ楽しいのか?

不思議でした。

 

あらためて調べてみると、

「非」には「そむく」という意味があり

常識にそむくからおもしろい、とのこと。

これまた、しごく納得です。

子供は親にそむく(は、言い過ぎかもしれませんが)

言うことを聞かないのを楽しんだりしますよね。

 

ありきたりの暮らしの中にこそ幸せはあり、

あんまりおもしろ過ぎると不幸になったりもしますが、

「おもしろさ」を求めてしまうのは人の性。

そんなこんなも思います。

 

おもしろきこともなき世をおもしろく

すみなしものは心なりけり

ですね。

© 2020 株式会社青い街