ホームランを打ってこい!



高校時代の友人が所属していた

地域の野球チームには

『ホームラン』のサインというのが

あったそうです。

 

田舎の漁師町ならではの

『アパッチ野球軍』みたいな話です。

 

『アパッチ野球軍』については

YouTubeで検索してみてください。

今では放送コードにひっかかるような

というか、ひっかかることしか

出てこないアニメです(笑)

 

 

『ホームランが打てるんだったら

 苦労しないよ』

というのが

このサインをおかしさですが、

あらためて考えると

2つのことが思い浮かびます。

 

一つは、まっとうな話。

 

イチロー選手も言うように

小さなことの積み上げだけが

大きなことにつながる。

『積小為大』ですね。

 

ホームランを狙うのではなく、

確実に球をとらえることが

目標になるべきでしょう。

 

 

一方、

『イメージできないものは達成されない』

ということもあります。

 

たとえば、4番バッターには

多くの人がホームランを期待します。

 

その期待に応えることも大切であれば、

『ホームラインをイメージしなさい』

ってことも言えます。

 

自分への期待と責任と誇りが生まれますね。

 

 

意外に深いな『ホームランのサイン』(笑)

© 2020 株式会社青い街