リーダーにとって必要なこと



昨日、一昨日と浜松で開催された

感動経営コンサルタントの更新研修に

参加してきました。

 

臥龍先生の集いに参加すると、

いつも、とても元気になれます。

 

みんなが自分のやりたいことを

『できる』と思っているから

場のエネルギーが高いんですね。

 


実は、

多くのビジネスコミュニティーや

自己啓発グループが持っている特性は

その点では共通しています。

 

『できる』と思うから『できる』。

 

鴨頭さん風に言えば

『そう思ったら、そう』です。

 

思いを信じることのできる仲間といると、

できることが当たり前になっていきます。


 

ただし、あう/あわない

ってあるんですよね。

 

違った切り口で言えば

そのグループのリーダーのように

なりたいか/なりたくないか。

 

それが、あう/あわないの

分かれ目ではないでしょうか。

 

 

『率先垂範』という言葉があります。

先んじて行い、模範になるという意味です。

 

企業であっても、他の組織であっても

あるいは家庭であっても

『こうしよう』と口にするリーダーが

その行動で模範になっているのって

かっこいいですよね。

 

まさに『リード』する人です。

 

 

もしかしたら、現代では

そういう考え方は窮屈過ぎると

思われるかもしれません。

 

心屋仁之助さんや本田晃一さんなどは

もっとゆるい生き方を提唱されています。

 

が、彼らにしても

自分が言っていることを

実践しているという意味では 

実は、同じく真摯なリーダーであるわけです。

 

 

そのあたりの理(ことわり)を

お話しさせていただく機会をつくりました。

 

取り上げる対象は

土光敏夫さんと母親の登美さんです。

 

土光敏夫さんは

母親の登美さんを見本にしましたが、

登美さんは一体誰の背中を追いかけたのか?

 

 

明後日(6/12)の開催ですが、

ご興味ある方はこちらをご覧ください。

 

https://www.sk-kenkyusho.com/i-001

© 2020 株式会社青い街