一生に一度、あるかないか



『四つ星』『五つ星』という表現は

ホテルやレストランの最上位のランクであると

ほとんどの人が知っています。

 

ただ、正確には

『五つ星』はホテルに対する評価であり

レストランの場合は『三つ星』が最高。

 

そこ、ゴッチャになっている感がありますね。

 

 

ぼく自身も、まだ『三つ星』のレストランには

行ったことがありませんが、

そうしたランクについて考える時

いつも三浦知良選手のことを連想します。

 


彼がパク・チソン選手に語ったとされる言葉です。

 

『ブラジルでは貧しくて、ブラジル人なのに

 一生スタジアムに来れない人が沢山いるんだ。

 

 ブラジル人にとっては悲劇だよ。

 

 ブラジルで俺は試合前に

 必ずスタジアム全体を見るんだ。

 

 この中でいったい何人の人達が

 一生に一回だけの試合を

 見にきたんだろうと思う。

 

 すると全身にアドレナリンがあふれてきて

 喧嘩した直後みたいに、

 体が震えてきて鼻の奥がツーンとしてくる。

 

 俺はそのまま試合開始のホイッスルが

 鳴るのを待つんだ』

 

 

アスリートというのは

戦いの場に身をおくが故に

どこか侍に通じるところがあって、

 

その覚悟というか、

生きることへの礼節には

学ぶところが多いと思う次第です。

© 2020 株式会社青い街