人生最後の言葉



100歳まで生きたい、生きるつもりだと願いつつ、

最近は「明日は生きていないかもしれない」という

考えが浮かんでくるようになりました。

 

けして健康を害したり、

ネガティブな思考にはまったたわけではないので、

その点はご安心を。

むしろ根っこにあるのは

「より真剣に生きたい」という積極的な思いです。

スティーブ・ジョブズ氏の問い

「もし今日が最後の日だとしても、

 今からやろうとしていたことをするだろうか」

に通じる感覚と言えます。

 

行動に関してもそうですが、

特に言葉に関して思うところが大きくなりました。

 

もし、今日が人生最後の日だとしたら

不平・不満をのべるより、

感謝や賛辞の言葉を使っていたい、と。

 

そう思うようになったのです。

 

 

マンガや映画の中で、

悪役というのはだいたい恨みごとを口にして

死んでいきますよね。

一方、ヒーローたちは感謝の言葉を残して

息をひきとります。

 

今日が人生最後の一日だとしたら、

口にした言葉で悪役かヒーローか

決まってしまうのではないでしょうか?


© 2020 株式会社青い街