人生2巡目の走り方



悲劇と喜劇ではどちらがお好きですか?

 

一見、悲劇が好きな人は暗くて、

喜劇が好きな人の方が明るい気もしますが、

ぼくはけっこう逆の印象を持っています。

悲劇にたえられるのは元気な人、

喜劇を求めるのは苦しい人って感じです。

 

自分自身をふりかえっても

若くて元気だった頃は悲劇をカッコイイと

思っていましたが、加齢とともに

笑えるものが好きになりました。

苦しいのか?> 自分(笑)

  

確かに

このところの心境(というか、あり方)の

変化もそんな感じですね。

まじめな言葉づかいとは裏腹に

心はだんだん陽気になってきています。

気持ち的にしんどい時期を乗り越えられたって

ことかもしれません。


 

いずれにせよ、

あり方の変化は自分で嬉しいものです。 

 

  

50歳までの半生はいささか悲劇的でしたが、

その原因は結局のところ自分にありました。

賢くありたい、見せたいと思い過ぎていた感じ。

 

一方、これからの半生は

感情豊かに生きていきたい、と思っています。

よく笑い、よく泣く。

悲劇と喜劇では、

どちらがいいということでもないと思います。

ただ、長い人生の中でそれがひっくり返る

ことがある。

ぼくは密かにそれを

「人生2巡目の走り方」と呼んでいます。

 

一緒に走ってくれる人が増えると嬉しいです。

© 2020 株式会社青い街