仲よき事はなぜ美しいのか?



武者小路実篤さんの名言

「仲よき事は美しき哉」について考えてみました。

端的に言って、なぜ「仲良きこと」が美しいのか? と。

 

これを考えるためには、

まず最初に「美しさ」の定義が必要です。

 

美しさとは何か?

 

美しさとは、要素の関係性が整った状態です。

部分と部分が調和し、さらに全体と部分が調和した時

美しさは生まれます。

絵画においては形のバランス、色の調和が美の道しるべ。

音楽ならば、音の調和が美しさを生みます。

ダイヤモンドにしても、光の反射が整っていることで

美しいと感じられるわけです。

 

 

これを人間関係に当てはめて言えば、仲が良いというのは

力関係の調和や思いやりによる融和と考えられます。

つまり、

一方が他方よりも大き過ぎたり強過ぎたりするのではなく

均衡が保たれている状態です。

 

亭主関白やパワー・ハラスメントは

著しくバランスを欠いていますよね。

 

美しい夫婦でありたいと思っています。

© 2020 株式会社青い街