仲良くありたいという覚悟



8月から倫理法人会という団体に所属し、

毎週水曜日の早朝、いろんな方の講話を

お聞きするようになっています。

まじめな学びもたくさんありますが、

何というか、講話者の方々の生き様が

本当にユニークで、毎回うなっている次第。

 

ぼくが参加している川崎市南の会長

(竹田淳子)さんなどもそうなのですが、

筆舌につくせぬ壮絶な人生をおくられていて

自分の悩みが蚊にさされたくらいだと

再認識させられます。

それでもなお、と言うべきか

だからこそ、と言うべきなのか

そうした方たちの笑顔は本当に素敵です。

 

 

ちなみに、倫理法人会というのは、

その名の通り正しき経営者の自己革新を

めざす団体で、宗教組織ではありません。

ただ、創設者の教えを輪読したり、

みんなで元気よく歌をうたったりするので

最初はみなさん

「うわっ。まずいところに来た」

と思われますね。

ぼく自身もそうでした。

 

しかし、あくまでも理性的な勉強会です。

むしろ

「宗教じゃないから効果が弱い」

「本来強い経営者は、宗派を問わず、

 何らかの強い信仰を持っているものだ」

と指摘される方もいます。

確かに、土光敏夫さんの法華経や

稲盛和夫さんの生長の家は有名ですね。

そこは賛否両論あるでしょうが、

理念が信じる心をベースにする以上、

経営活動が宗教に近いことは確かです。

 

 

ともあれ、そんなこんなの影響もあって

ここのところのぼくの言説は

えらくお花畑的になってきているわけですが、

これは倫理の活動に感化されたから(だけ)では

ありません。

影響関係としては、かえって

逆のベクトルにあるとすら言えます。

 

というのは、冒頭書いたように

お話しされる方々の辛苦が本当にすごくて

「あっ。ぼくはそこ担当じゃないんだな」

と思ってきたわけです。

辛そうな顔をしても、しれてる辛さだな、と。

野球で言えば、

打球の強烈なサードじゃないな、って感じ。

 

それよりも、ぼくは自分が心から望む

「人が仲良くある」を目指したいと、

覚悟した次第です。

人からどう見られようとも

それが「今、自分にできること」だからです。

 

 

ちなみに、ぼくが参加している

川崎市南のサイトはこちらです。

https://rinrihoujin.wixsite.com/kawasaki-minami

 

講話の動画もアップしてあるので、

ご興味わいた方はぜひご覧ください。

中では、

鴨頭さんが「これからこの人はくる!」

と言われたからでしょうか。

香葉村真弓さんの動画が特に人気です。

https://youtu.be/7tsgmv_7gZA


© 2020 株式会社青い街