伝えられていく言葉



「不易流行」という言葉があります。

変えてはいけないものを守り、

変えるべきものを思い切って刷新していく

という意味です。

 

判断が感覚的だと

何を変えてはいけないのか

何を変えるべきなのか、が曖昧になります。

 

家訓や理念は、

それを決めるための軸になってくれる柱です。

 

 

天皇家には

「いちばんわけのわからないものの話をすること」

という家訓があるそうです。

 

自分にとって、あるいは相手にとって

いちばんわけのわからないことについて尋ねると

話がはずみ、知恵がつくからだ、とか。

 

真偽のほどはわかりませんが、

おもしろい視点だと思いました。

 

 

思うに、家訓にしても

ご先祖様の誰かがそれを決めたわけですよね。

「決める」大切さをあらためて思うとともに

それが自分であってもいいわけです。

 

何かひとつ、末代の益になる言葉を考えてみる

ってワークはどうでしょう。

© 2020 株式会社青い街