似たものが残っていくこと



昨日は妻と妻のにせいとこと呑みました。

 

『にせいとこ』というのは

血縁関係のある本物のいとこではなく、

いとこ的な仲の良さを持った友人を指しています。

 

文字通りですね。

 

 

そのネーミングは

妻の高校時代の友人によるものですが、

 

『センスがいいなぁ』と感じます。

 

 

実を言えば、その友人が

ぼくら夫婦の月下氷人でした。

 

月下氷人ってあんまり使わない言葉ですが、

結婚の仲立ちをしてくれる人のこと。

 

端的に仲人を指す場合もありますが、

もともとは婚姻相手を予言した

中国/唐の故事に由来します。

 

 

しかし、本物のいとこ同士は

親の老いや他界にしたがって

会う機会が減っていきます。

 

また、一人っ子の先には

いとこ自体が生ませませんから

 

日本から『いとこ』という関係性は

だんだんと消えていっているわけです。

 

 

そこまで考えると

『にせいとこ』という名称は

とても不思議なものに思えてきます。

 

モデルがいなくなり

派生したものが残っていくからです。

 

 

歴史の不思議を見るようですね。

© 2020 株式会社青い街