何に乗っていくか?



ものごとには、それ自体で良い悪いはありません。

あくまで、受け取る人間が「良い」か「悪い」かを

判断しているだけです。

 

となれば、どんなことが起きても

「これは自分にとって良いことだ」と思えれば

その人は幸せということになります。

つまり、まわりの人がどんなに「あの人、大変ね」

と思っても、当の本人が平気だったら、

何も問題ないわけです。

 

ってことが、頭ではわかっても、

いざ自分が面倒な状態におちいると

「ついてないな」と感じますよね。

とはいえ、それが当たり前の感覚だと思います。

 

何が起きても「おっ、ついてる」と感じられるのは

よほど上記のような考え方が身についているか

世界への信頼がとても深い、要するに

「何があっても、自分は大丈夫」と

信じているかです。

 

けれど、それが幸せなんだったら

そうすればいいじゃん、そう考えればいいじゃん。

と、多くの人がを手を変え品を変え、

そのコツやあり方を説くわけです。

 

あとは、そうした解説が

自分にあうかあわないかでしょうね。

その意味では、宗教もスピリチュアルも

心理学も経営学も、同じ地平にあるというのが

ぼくの持論です。

 

要するに、目的地が「幸せな地」なのであれば

何に乗っていくかは、人それぞれですね。

© 2020 株式会社青い街