働くことにまつわる信仰



いわゆる「成功メソッド」的なものに

今ひとつぼくがワクワクしないのは、

「1日2時間しか働かなくても、こんな贅沢が……」

という表現の中にある「働くことへの嫌悪」の

匂いなんだと思います。

 

それは日本人特有の勤労信仰がベースにあるからかも

しれませんが、ことさら卑屈な意味ではなく、

「働く時間も気持ちいい方が、幸せなのでは?」

と感じるのです。

 

つまり、

「これだけしか働かなくていい」の背後には

「本当だったら全然働かないのがベスト=

 でも、そういうわけにはいかないよ」

という気配を感じるんですね。

 

これ、ぼくの視野が狭い可能性も当然あります。

知らない世界のことはイメージできませんから、

全然違う思いが込められているかもしれませんね。

たとえば

「働かないで税金を納めることほど

 効率的な社会貢献はないんだよ」

なんて言われるとしたら、

深く頭をさげるのみです

 

 

いずれにせよ、ぐるっとまわって

「日本人特有の勤労信仰」に話をもどすと

ぼくはやっぱり働くことが好きなんだと思います。

そして、だからこそ、働く時間と場所が

素敵なものであってほしい。

 

「働くことは辛いこと」という諦めこそ

その対極にある考えであり、それは

「苦役信仰」とでも呼べるかもしれません。

 

ぼくが、臥龍老師の感動経営や

倫理法人会の「喜働」という考えにひかれるのは

大人が楽しく働いてる世界を実現したいから。

その鍵はやっぱり「人」ですよね。

© 2020 株式会社青い街