冴えた命の使い方


昨日、荒木信広さんの講話をお聞きしました。

お父さんがヤクザの幹部で

幼少の頃からヒットマン(つまり人殺し)になるよう

育てられた方です。

当然心はすさみ、辛い前半生を過ごされましたが

今では少年少女を非合法活動の闇から救う

神奈川県・希望の星になっています。

 

とても印象的だったのは、講話の最初にされた

「愛って何だと思いますか?」

という問いに対する荒木さんご自身の考えです。

曰く

「愛とは相手を思う時間である」と。

ぼくは、これほど明確な愛の定義を

聞いたことがなかったように思います。

 

時は金なりと言われますが、

時間は本来はもっともっと重いもの。

自分が生きている時間とは命そのものに他なりません。

つまり、相手に時間を使うということは

その人に対して自分の命を使うことであり、

使命という言葉もそのあたりから来ている気がします。

 

荒木さんは人の命を奪うことを教えられて育ちながら、

そこから人に命を捧げる活動に転じられました。

その変遷の重みから紡ぎ出された考え方だと思います。

 

果たして自分は、使うべき人のために

きちんと時間を使えているだろうか?

自問自答する貴重なきっかけをいただいたと思います。

荒木さんに感謝です。


------------------------------------------------------------


こちらがその講話です。


© 2020 株式会社青い街