勘違いは幸せを呼ぶ


 

人の一生は円環のようだと感じています。

生まれたままの状態から一旦社会性を見につけますが、

それには良いところと悪いところがあって

規範が自分をしばりつける場合には

ゆっくりとそれをほどいていくことになります。

 

結果として、原点に帰っていくわけです。

 

その全体を円のようだと思い、

「三つ子の魂、百までも」という言葉が

思い浮かんだのですが、

その言葉には何か特別な意味はないだろうか?

 

そう思って、検索してみたんですね。

 

すると、とある解説ページにいきあたり

この言葉に関する「よくある勘違い」が

載っていました。

曰く

「三つ子を三人兄弟と勘違いしている」

場合がある。

 

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!

 

久しぶりに、吹き出してしまいました。

いや、ないとは言いません。

あるのかもしれません。

しかし……

考えたこともなかった。

 

笑えて幸せでした。

© 2020 株式会社青い街