北風を励ます太陽【松岡修造さんのイメージ】

この投稿は、2020年3月4日

アメブロに書いた記事を再編集したものです。

コロナの深刻さが認識される少し前の内容ですが、

むしろ、今こそ、大切なスタンスだと思います。

まぁ、それはそれとして

あんまり似ていないのが、ちょっとトホホです 😊





松岡修造さんが

単身、アメリカにわたった時のお話です。

当初、言葉も通じず、

練習相手を見つけられなかった松岡さんは

他のメンバーが練習したいと思っている内容の

練習相手に進んでなったのだとか。

そうすれば、おのずと仲も善くなり、

レベルの高い練習ができますね。

『まずは与える』『献身』という意味でも

素敵な逸話だと感じました。

上記のマンガは、

そんな逸話から想像したイメージです。

『太陽と北風』では、勝負に負けた北風は

さびしい感じになりますが、

松岡さんが太陽だったら

『大丈夫! グッドトライ!』

とか言いそうな気がします(笑)

暖かい言葉をかけることについては、

さらに詳しい解説を昨日の投稿に書いたので

あわせてお読みください。

参考記事:

『言葉も食べ物を身体を暖めるものがいいですね』

未来は自分でつくれます!