夫婦と年号



昨日は、臥龍先生にお招きたいだき、

隅田川の桜を堪能しました。

妻も同伴し、臥龍先生ご夫妻との

初めてのお顔合わせもさせてもらいました。

 

善きご縁の深まりを嬉しく思っています。

 

 

日本にもアメリカにも、それぞれ

善いところと困ったところはありますが、

『仲睦まじい夫婦』というイメージに関しては

長い間、アメリカのそれに憧れていました。

 

いくつになっても相手をいたわり、

いろんなところに二人して出かける。

 

『奥様は魔女』の影響が

けっこう強かったように思います。

 

 

もちろん、それはそれで

つくられたイメージに過ぎないかもしれず、

逆に日本にだって

仲の善い夫婦はいらっしゃるわけですが、

ぼくらが小さい時にはあまり見ることが

ありませんでしたからね。

 

時代が変わった、との感もあります。

 

 

そして、日本で言えば

やはり天皇ご夫妻のあり方というのは

優しさと高貴さに満ちていて、素敵です。

 

あと少しで、新しい年号が発表されますが、

『平成』という時代は

きっと天皇陛下と美智子さまがよりそう姿と

一緒に思い出されていくのではないでしょうか。

© 2020 株式会社青い街