嬉しいカレンダー



日本屈指のフォントメーカー、

モリサワさんが毎年「書」をテーマにした

すばらしいカレンダーをつくられています。

非売品なので、どこかで買えるわけではなく

人づてに担当者をご紹介いただき、

毎年1部づつゆずり受けていました。

 

というのも、母がことのほか書道を愛していたので

年末の帰省時に、何よりの土産になっていたからです。

 

しかし、昨年母が亡くなり

つまり、その価値を十二分に味わえる人がいなくなって

しまったので、これまでのご厚情に感謝するお手紙を書き、

ご縁に区切りをつけたつもりになっていました。

 

ところが、昨年末、モリサワさんから

2019年のカレンダーが届いたのです。

いつもはこちらからお伺いのメールを出していたところ、

突然に送られてきたため

「何かの間違いでは?」と

ご担当者にメールを差し上げたところ

 

「毎年お母様にカレンダーを送付させていただいており、

 大変喜ばれていたとお聞きしておりましたので、

 今年は杉岡様にお送りしたく考えまして、

 送付させていただきました。」

との返信をもらいました。

ありがたいことです。

 

まずは、わが家の居間に飾らせてもらいましたが、

お義母さんも書道が好きな方なので

このカレンダーは妻の実家に飾られるかもしれません。

 

暦をめぐる、ちょっと嬉しいお話でした。

© 2020 株式会社青い街