家族の語り部



母は4人姉妹の長女だったのですが、

3番目のおばさんが

家族の歴史にくわしくて驚きました。

 

ぼくから見れば、

ひいおじいちゃんにあたる二代目幸太郎さん

(と、わが家ではよばれる人)の話や

その三男(おじいちゃんの弟)の話を

とても興味深く聞きました。

 

三男はとてもやんちゃだったそうですが、

それは二代目幸太郎さんが再婚をして

誰もしつけをしなからだったからだとか。

その後、三男は8歳の時に広島に遊びにいって

原爆で亡くなってしまいます。

 

そんな、社会的にはほとんど意味のない

あるいは個人的にも

知ったからと言って何かに役立つわけでもない

ただただ「歴史」としての情報って

なんだか不思議だなぁ、と思いました。

 

そして、

「一代はあっという間やなぁ」

という言葉が、とても印象的でした。

確かに、ぼくらの子供の代までいれれば5世代。

その中では、一代のあれこれは

本当に「あっ」という間だと思います。

 

だからこそ尊く、

つむがれたご縁といただいたご恩に

あらためて感謝いたします。

© 2020 株式会社青い街