感謝は謝ること?


「感謝」という言葉には

なぜ「謝る」という字が使われているのでしょう?

日本人は「ありがとう」というべき時にも

つい「すいません」と言ってしまうけれど、

礼を言うことと謝ることは違うのにな、

と常々思っていました。

 

で、漢字の語源を調べてみると

「謝」にはもともと申し訳ないという意味はなく

言葉を放つ行動を表していました。

字面からして、確かにそうですね。

だったら、お礼の言葉を述べることに使われても

おかしくはありません。

 

さらに言えば、

「射」は弓を放つことに由来していて

指をゆるめることを表したようです。

つまり、ひきしぼった弦をゆるめる。

マックスの緊張を「射る」行為がゆるめるわけです。

 

良いことをされても、悪いことをされても

人間の感情は高ぶりますが、

その高まった緊張を言葉がときほぐす。

それが「感謝」であり、「謝る」ことなんだな、と。

 

納得です。

© 2020 株式会社青い街