新しいあだ名



わが家はよくお互いにマッサージをします。

ぼくは腰を押してもらうのが好きで、

妻は肩やふくらはぎを揉まれるのが好きです。

 

その時よく指摘されるのが

ぼくの手のひらが暖かいこと。

眠い時には、さらに温度が上がります。

 

で、昨日

『お灸のようだねぇ〜』

という話になり、

 

そこから

『一灸さん』

という新しいあだ名が生まれました。

 

 

ちょっと残念なのは

『せんとくん』

とほとんどイメージが変わっていないこと(笑)

 

いや、それは一貫性があっていいのか?

 

 

何にせよ、

お坊さんキャラが完全に定着しつつあります。

 

はげていることは

お坊さんキャラの必要条件ですが、

十分条件ではありません。


はげていても

全然お坊さん感がない人もいますから。

 

 

家の中では

しばらく『一灸さん』ブームが

続きそうな気配です。

© 2020 株式会社青い街