新しい年に向けて、なぜ「負け」を抱くのか?



「できるだけ良い言葉を使おう」とすると

逆に、ネガティブな文字や言葉が気にかかってきます。

たとえば、先日書いたように

「優しい」の中にある「憂い」とか

「俳(わざおぎ=たわむれ」の中にある「非」とか。

 

抱負の中にある「負け」もその一つ。

 

来年の目標などを考えていて、ふと

「何で負けるんだろう?」となった次第です。

 

 

調べてみると、「負」には

自らをたのむ → 自身の能力に自信を持つ

という意味があり、案外ポジティブなんですね。

自負する、って自信があるってことですから。

 

つまり、抱負というのは

「俺はこんなことをやりたい。できる」と

思うことなんですね。

 

 

そうなってくると、「勝」も気になりますね。

調べてみると、その語源は

「力を入れて物を押し上げ、持ちこたえる」こと

だそうです。

 

となると、「勝負」には

宣言と行動の両方が含意されているとも考えられます。

なかなかに味わい深いですね。

抱負を抱き、その達成に向けて精進いたします。

© 2020 株式会社青い街