旅の楽しみは道中に(も)あり



小さい頃には、わりと自然に「こうだといいな」

という理想をえがくことができます。

それが大人になるにしたがって

「理想は理想、現実は現実」とか

「理想なんかを追いかけるから不幸になるんだ」

とか、いろんな浅知恵がついてきます。

 

あえて「浅」知恵と書いたのは

そうしたネガティブな発想をすることで

自分の可能性を閉じてしまい

「こうだといいな」から遠ざかってしまうのが

なんとも不幸な一人芝居に見えるからです。

 

いや、正確には「見えるようになったから」

と書くべきでしょうか。

ぼくにしても、自分の一人芝居に気づいたのは

比較的最近のことですから。

 

ずいぶん時間がかかってしまいました。

 

 

何度か書いていますが、ぼくは今

臥龍老師の「感動経営」を学んでいます。

ご本人の素晴らしさがもちろん最大の理由ですが、

加えて老師をしたう人のコミュニティが

それこそ「感動」的だからです。

 

そこでは、「従業員を大切にしよう」という

理想が当たり前に語られ、その実践を通して

幸せな職場が本当に生み出されています。

 

もし、

「幸せな職場なんて、そんなぁ……」

と思われるとしたら、それこそが一人芝居。

だって、職場が幸せだったら嬉しいですよね?

 

その理想をストレートに持っていいんだ、

そしてその理想はかなうんだ、

と信じられる道行き自体が幸せなわけです。

© 2020 株式会社青い街