月島のスペインと埼玉のユートピア



昨日は、臥龍先生の事務所で打ち合わせをした後

みんなで月島スペインクラブに行きました。

 

ここは本格的なスペイン料理のお店ですが、

月曜日にはフラメンコのショーがあり、

すぐ間近で迫力の踊りが見られます。

 

 

先日の浅草『追分』もそうでしたが、

 

感動経営では

自分たちが感動をつくり出すために

こうした鑑賞を『学び』と位置づけています。

 

見れば追いつけますが、

知らなければイメージすらできません。

 

 

同じように

『良い会社』をつくりたと思ったら

『良い会社』を見るのが一番です。

 

 

感動経営の同志には

神戸の豊産業さん、静岡の長坂養蜂場さんなど

すばらしい会社がたくさんあります。

 

しかし、成長率という点では

埼玉の『リハプライム』さんが群を抜いています。

 

8年前に4人で始められた介護事業が

今では180人を超す規模になっているからです。

 

正確には『介護』ではなく『敬護』。

 

人生の先輩を『敬い』『護る』という

人本主義が成長の秘密です。

 


そして、 

その理念をくり返し語られる小池社長も

すばらしいのですが、

 

社長の右腕である半田さんのホスピタリティが

これまた超一級!

 

そのお二人が

それぞれの立場からリハプライムについて

語ってくれる講演会があります。

 

 

 

ぼく自身、

臥龍先生にお会いするまでは

『良い会社』というのはある種のユートピア

だと思っていました。

 

ユートピアには『理想郷』という意味と

『実在しない場所』という

2つの意味があります。

 

ぼく自身、長らく

『人を大切にする会社は理想だけど……』

と半ばあきらめていたのです。

 

 

しかし、『良い会社』というユートピアは

実在しました!

埼玉に!(笑)

 

 

ぼくが臥龍先生の門を叩いたのは

自分もそうした会社をつくる一翼を担いたい

と思ったからです。

 

そして、その思いは

今では確信に変わっています。

 

 

『良い会社』はつくれます!

 

なぜなら、

先例を見ることができるからです。

 

 

リハプライムさんという『先例』について 社長とNo.2が多角的に語ってくれる講演会。

 

ご興味ある方はこちらをどうぞ。

http://www.e-garyu.com/pg442.html

 

残席わずかですが、

理想の会社を多面的に知ることのできる

稀有の機会です。





© 2020 株式会社青い街