根拠のない自信は崩れることがありません

この投稿は、2020年3月27日 アメブロに書いた記事を再編集したものです。

すでにコロナの影響が出始めていた頃ですが、

ちょうど自分の中で育っていた思いが

その刺激で爆発した感じですね。





『ONE PIECE』は本当に素晴らしい漫画ですが、

多くの人が知っているキャッチフレーズ、

『海賊王におれはなる!』

がまた善いですね。

まず、気になるのは語順です。

なぜ、

『おれは海賊王になる!』じゃないのか?

その質問には作家である尾田栄一郎さんが

ご自身で答えられていて、

『強い言葉』にしたかったとのこと。


当たり前に聞こえる

『おれは海賊王になる!』

遣うような自分だったら、

主人公のルフィを描けなかった

と言われています。

そして、『なりたい』ではなく

『なる』ってところがすごいですね。

決めちゃってるってことです。

自己啓発的の分野でよく言われることに

強い願望はかえって実現をさまたげる

という逆説があります。

『なりたい』というのは

『今、自分はなっていない』

という前提を、

潜在意識にすりこんでしまうからです。

『お金持ちになりたい』という願望は

『今はお金がない』という認識を

深めてしまいます。

ルフィ的な表現で言えば、

『大金持ちに、おれはなる』

って感じでしょうか(笑)

要するに、根拠とか理屈ではなく

自分でそうなることを『決める』ことが

大切だという話です。

通常、ものごとの予想には

『根拠』が求められがちですよね。

『本当にそれはできるのか?』と。

しかし、根拠でつくられた自信は

根拠がなくなると、ゆらいでしまいます。

逆に、何の根拠もなく

『できる』と思ってしまえるなら

その自信は崩れることがありません。

根拠のない自信は

崩れる根拠もないわけです(笑)

何かを宣言することは恥ずかしく、

『バカにされるんじゃないか』

と思ってしまいがちです。

しかし、実際には

面と向かってそう言ってくる人なんて

ほとんどいません。

仮に、そういう人がいるとしたら、

よほどあなたの主張が尖っているか

広く認知されてきていることの証左です。

というわけで、わたし自身は

リアルとオンラインの両方で展開できる

『人を大切にするビジネスゲーム』

のパイオニアになることを宣言します。

いまだかつて、

誰も見たことのない

オフとオンにまたがる冒険

に出ます。

未来は自分でつくれます!