登山家にとって最も残念なのは?



山に登らなければ、

谷に落ちることもありません。



だったら、平地でおとなしくしておこう。


というのは、間違った考え方ではない

と思います。



無事にこしたことはありませんからね。

誰にも心配や迷惑をかけませんし。




ただ、ことが人生となれば、

放っておいたって山や谷はあります。


だったら、高い山に登ってみたいと思うのも

人情ではないでしょうか。




高い山に登ろうとすれば

当然、同じ高さ(=深さ)の谷の恐怖に

おびえることになります。



それでもなお、何故エベレストに登るのか?


『そこにエベレストがあるから

 (Because it's there. )』

      ジョージ・マロリー

※ 日本では『そこに山があるから』と翻訳




人生の山に登る理由も

『Because it's there.』ですね。


 

 

もう少し詳しい解説は昨日の投稿で。

参考記事:

『「成功」の反対は何か?』



-----------------------------



この記事を読んで、参考になったり

感じるところがありましたら

『いいね』を、よろしくお願いします。


コメントをいただけると、さらに嬉しいです ^ ^



また、筆者に興味を持ってくださった方は

メルマガ『真善美人通信』にご登録ください。

気持ちが軽くなる言葉を、毎日お届けいたします。


【メルマガ登録画面】



© 2020 株式会社青い街