相手の時間を共有する

この投稿は、2020年2月3日

アメブロに書いた記事を再編集したものです。

人間関係は永遠の課題ですよね






人間関係はうつろいやすく

ある種のはかなさを持っています。

仲睦まじさは

時間の経過とともにほころぶのが常です。

ただし、必ずというわけでもありません。

世の中には、

ずっと仲の善い親子や和やかな夫婦、

力をあわせ続ける職場や自治体

もあります。

それらはとても魅力的ですね。

わたしたちは

人間関係がうまくいかない時、つい

『相手が悪い』と思いがちです。

かくいうわたしもそうでした。

そして、相手が自分の思うように

変わってくれることを望みます。

しかし、それはほとんどの場合に

うまくいきません。

相手も同じように考えているからです。

つまり、平行線のままってことですね。

人間には

相手を直接変える能力はありません。

むしろ、あったら怖いですよね。

あるのは、

自分を変える力だけです。

自分の考えは、

意思の力によって変えることができます。

それが、すべての始まりです。

もちろん、喧嘩の最中に

いきなり相手の考えを受け入れるのは

困難でしょう。

だからこそ、喧嘩になっているわけで(笑)

ただ、何かのきっかけで

相手の気持ちや考えの筋道がわかれば

自分を変えるきっかけにできます。

それは、相手のストーリーを知ること

と言っても善いかもしれません。

全面的に賛同できない場合でも、

感情の起伏を追体験すれば

シンパシーが生まれます。

仲善くなるコツは

相手のストーリーを知ることです。

仲の善い関係に共通しているのは、

お互いを思いやる気持ちですが、

相手の感じる喜びや悲しみが

自分にまで響いてくれば

その気持ちは自然に生まれます。

さらに言えば、それは

相手の過ごした時間を共有する

ってことなんですね。

相手と自分の相違点にフォーカスすれば

争いが起きやすく

相手と自分の共通点にフォーカスすれば

思いやりが生まれやすい道理です。

お察しの通り、相手の中に

『相違点』を見るか

『共通点』を見るかも

あなた自身の意思によって決められます。

あなたは、争いと思いやりの

どちらの世界を見たいでしょうか?

未来は自分でつくれます!