相手の目線に立つとは/親子編



先週土曜日にゲーム会を開いた際、

友人の島さんが中学1年生の息子さんを

連れてきてくれました。

で、その息子さんというのが島さんそっくり!

見た目もですが、話し方とか考え方とか、

おもしろいくらいに似ていました。

そして、そのことを指摘すると

はにかんでとても嬉しそうにするのです。

 

お父さんのことが大好きなんだなぁ、と。

 

とかく親子というのは

いろいろと納得できないことがあるものですが、

そこもやっぱり、仲がいいのが良いですね。

 

敬愛する竹田淳子さんが

「育て方がわからないのは当たり前。

 愛していることがわかりさえすればOK」

といったことを言われていて、なるほどなぁ、と。

 

子供は親を神格化する傾向がありますが

親にしても子育ては初めてですもんね。

そりゃ、うまくできないことも

いろいろあるでしょう。

 

 

そこでも悪しき感情の引き金になるのは

恐れなんだと思います。

子供の前では、

「ちゃんとした親じゃなきゃいけない」的な。

 

島さんご自身が子供のように天真爛漫で

好奇心旺盛なので、そのまんま息子さんと

通じることができるのでしょう。

 

そうかぁ。

親になろうとするより、子供になろうとする方が

良い関係が築けるのかも知れませんね。

© 2020 株式会社青い街