積小為大/美点凝視



ここ数年、というか

あらためて考えてみると成人したあたりからずっと

「今年こそは!」と素直に思っていなかった気がします。

どこかしら遠慮というか、分別をつけるのが

「大人」だと勘違いしていた節がありました。

 

が、今年は自分の中で気が満ちているのがわかります。

むしろ、大人だからこそ挑みたい。

そんな心持ちになっています。

 

去年がとても良い年だったので、

弾みがついたのもあるんでしょうね。

 

 

今年の5月には映画『二宮金次郎』が封切られますが、

尊徳さんの言葉に「積小為大」があります。

小さいことの積み重ねがやがて大事をつくる。

あるいは、小さいことの積み重ねることでしか

大事はなし得ないという意味です。

 

それにならって、美点凝視を心がけ

良き言葉をつむいでいきたいと思っています。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

© 2020 株式会社青い街