節目の宣言



54歳になりました。

以前は『100歳まで生きる』と言っていましたが、

今は『112歳まで生きる』に上方修正(?)

しています。

 

妻も『100歳まで生きようね』と言い出したので

結果として、ぼくは112歳まで生きることに

なったわけです(笑)

 

その意味では、

まだ折り返し地点にすら到達していません。

 

けしてネガティブな意味ではなく、

まだまだたくさんの楽しみがあると思うと

ワクワクしてくる次第です。

 

 

 

ここ数年、正確には2012年からの5年間ほどは

ぼくにとってかなり辛い時期でしたが、

 

妻と結ばれて以来

たくさんの幸せを感じられるようになりましたし

  

昨年、臥龍先生に教えをこいはじめてからは

気持ちもぐっと充実してきました。

 

生まれ変わるというか、

いろんなことをやり直すために

必要なサナギの時期だったのでしょう。

 

 

 

ところで、

 

これまで打ち込んできた

カードゲームという『遊び』と

 

臥龍先生の『感動経営』とでは

『少し興味の対象が変わったのでは?』

と思われるかもしれません。

 

 

しかし、

 

自分の中では『同じコインの表裏』

という感じなんですね。

 

 

『カードゲーム』は

私の時間に笑顔をつくる仕掛け、

 

『感動経営』は

公の時間に笑顔をつくる仕組みだからです。

 

両方を足して

人生全体に笑顔がみちるイメージです。

 

 

と、そのあたりを新しいブログで

物語的につづり始めたので、

よかったら覗いてみてください。

 

全12話の予定で、昨日が第5話。

隔日で更新しています。

https://ameblo.jp/sugiokakazuki

 

 

 

本当は、感動経営コンサルタントとしての

サイトも立ち上げたのですが、

 

そちらはもう少し手を入れたいので

後日、あらためてご案内させていただきます。

 

 

 

それから、

今週の土日で開催される

ゲームマーケットに出展をします。

 

『研修ゲームラボ』というグループに

入れてもらう形での参加。

 

人を大切にするビジネスゲームの第1弾

『人をねぎらう人狼=人労』のお披露目です。

  

 

これは、

『カードゲーム』と『感動経営』の融合。

 

ぼくの中では『公私のハイブリッド』

ということになります。

 

 

土日はずっとブースにいて、

解説や試遊をさせてもらいます。

 

また、日曜日(5/26)の11時からは

プレゼンテーションも行いますので、

ご都合あう方はぜひお立ち寄りください。

http://gamemarket.jp/blog/info2019003/?fbclid=IwAR1z3VxpaWHcEeaDFYnoZ5aJG5GovnTRRtRfd1e_Gx99GU-lvRgSVWPooSs

 

 

すでに、メールなどでも

たくさんのお祝いメッセージを

いただいています。

 

本当に、ありがとうございます。

 

 

あらためて御礼申し上げるとともに、


これからの1年は 

かつてなかったほど

チャレンジングに動きますので、

 

ぜひ、ご期待ください!

© 2020 株式会社青い街