美しさは真似られる


昨日は、感動経営系の集まり

APRAの勉強会に行ってきました。

APRAは「アジア・パシフィック・

ルネッサンス・アソシエーション」の頭文字です。

その理念は

「『人を大切にする経営』の学びと実践を通じて、

 『何かで日本一、世界一』実現を

 『志高い仲間』と共に目指す」。

 

アジアに目を向けていますが、

特に台湾との結びつきが強く

友好の架け橋にもなっています。

 

 

昨日の勉強会のテーマは「徹底5S」。

講師は感動経営の先輩:入江元太さんでした。

5Sというのは、

整理・整頓・清掃・清潔・躾(作法)のこと。

 

要するに、「社内を綺麗にしましょうね」

ってお話です。

で、この5Sを徹底すると、

会社がショールーム化していきます。

 

ショールームというのは、

何も車や住宅に関してだけでなく

どんな場所でもショールームになるんです。

空間自体を見せるわけですね。

 

すると、どうなるか?

 

たとえば、工場などを見学してもらった際

「こんなに綺麗にしている工場だったら

 しっかりした製品をつくってくれるだろう」

という印象が生まれます。


 

さらに、

それが感動レベルに到達すると

一気にファンになってもらえるのです。 

 

何かを展示するショールームというよりも

会社自体を見てもらう仕組みですね。

 

これ、

見たことないと想像がつきにくいと思いますが、

勉強会で例に出た傳來工房さんだと

こんなレベルです。

http://kigyoukengaku.com/blog/1055/

 

感動というか、驚異ですよね。

これだけじゃなく、傳來工房さんには

社内に整理・整頓のアイデアが目白押しです。

 

 

もちろん、ファンの獲得というだけでなく

仕事上の実利的な効用もあります。

 

ものが整理されておらず、

何かを使う時にそれを探すと、

その時間って無駄です。

 

しかも、驚くことに職場で何かを探す時間って

一日平均でトータル30分近いそうです。

まあ、30分は言い過ぎかな、とも思いますが、

要するに探す時間って実はべらぼうなんです。

 

 

ただし、課題は定着です。

「やろう!」という意気込みだけだと

なかなか習慣化されません。

 

そこで大切になるのが、ベンチマーキングです。

ベンチマーキングというのは

他社の優良事例(ベストプラクティス)を見学し、

それを指標として自社に取り入れる改善手法。

 

要するに、真似るわけですね。

学ぶは、真似ぶ。

 

もちろん、見られる方だって磨かれます。

 

 

APRAがその理念に

『志高い仲間』と掲げているのは

お互いに刺激しあうことで、

全体のレベルを上げていこうということです。

 

 

APRAにご興味を持っていただいた方は

こちらをどうぞ。

http://apra.jp


© 2020 株式会社青い街