自分が発する言葉で励まされる



ちょっとだけ間があいてしまいましたが、

ここ数日、これまでに経験したことのないような

「ピンチ(だけれどもチャンス)」を

経験していました。

 

自分の勘違いで大失敗をしてしまったのですが、

リカバリーするには絶対的な時間がなく

「いっそ仮病でも使って逃げようか」

と思うくらい、追い込まれていたのです。

 

ただ、その状態

数年前にメンタルを落としていた時とは

全く違っていて、そう思いながらも歩みは止めず

結果として、

どうにかこうにか乗り切ることができました。

 

そこから学んだこと。

 

たぶん、昔(=昭和)だったら

「やっぱり頑張らなくちゃダメ」って

なるところでしょうが、

今回感じたのはそれよりも

「前向きな言葉を使うといい」ってことでした。

 

実は、四苦八苦していたのは

ある原稿を覚えることだったのですが、

その原稿がなにしろ素晴らしく

覚えること自体に励まされていたのです。

 

仮に、その原稿が人を非難するものだったら、

たぶん気持ちも落ちていたと思います。

 


このところ、

「良き言葉」を使うにこだわっていますが、

また違ったシチュエーションで

確信が持てました。

 

応援する言葉を口にするっていうことは

自分自身を励ますことにもなりますね。

© 2020 株式会社青い街