良い/悪いと同じ/違う



最近は、言葉の重みということをよく考えます。

これは、臥龍先生がとても強調されることですが、

言葉の重みは言動の一貫性によって生まれてきます。

 

つまり、言ってることとやってることが同じという状態。

逆は、

「言ってることとやってることが違うじゃん」っていう

残念な姿ですね。

 

これ、とても大事なんですが、

意外に後者の方が多かったりもします。

 

不思議なのは、

すごい良いことを言いつつやることがおかしい人と

言葉が悪くて、やることも悪い人だと

一貫性という点では後者の方が筋が通って見えること。

 

つまり、なまじ良いことを口にしても

行動がともなわなければ、

反対側に大きく振ってしまうという話です。

 

もちろん、

良い言葉と良い行動がそろうに越したことはありませんが、

たとえ悪くても「そろう」ってのが

意外に大切なんですね。

© 2020 株式会社青い街