苦さや辛さばかりを求めないで

この投稿は、2019年8月20日

アメブロに書いた記事を再編集したものです。

少し俯瞰的に書いていますが、

半ば自分のインナーチャイルドを癒すために

つづられている感じもありますね。

自分を責めなくなってきた頃の一文とも言えます。






『アメとムチ』という言葉は

あんまり善い語感ではありませんが、

ともかく言わんとしているところは明白です。

 

甘いものと辛いもの。

本来の読みは『からい』ですが、

この場合は『つらい』と読む感じですね(笑)

 

ほめて伸ばすことと厳しく伸ばすこと。

『慈愛』と『厳愛』

と言ってもいいでしょう。

 

 

近代主義は国家レベルの軍備を基本としたので、

どうしても後者が優先されがちでした。

要するに、教育から市場原理まで

『競争』がベースだったわけです。

 

辛い時代でしたね。

  

もちろん、今でも競争はありますし、

世界中のあらゆるところで紛争も起きています。

けして平和になったわけではありません。

 

ただし、20世紀的な大戦が起きる可能性は

低くなっています。

最新兵器の破壊力は、

世界大戦レベルの戦い=人間世界の終焉という

レベルに到達してしまっているからです。

 

ルールや方法論が、20世紀とは変わりました。

 

スポーツの世界を見ると顕著です。

 

かつての根性路線や

ムチャクチャな負荷で身体を痛めつける練習は

弊害が大き過ぎて、敬遠されるようになりました。

 

今では、セルフイメージを高めたり

きちんと身体を休ませることが

奨励されるようになっています。

 

それを『アメ』と呼ぶかどうかは微妙ですが、

要するにバランスが取られるようになった

ということです。

 

厳愛一辺倒ではありません。

『愛のムチ』とか凄い言葉ですよね。

そっちもムチかよ、と(笑)

 

 

あり方は普遍的ですが、

やり方は時代によって変えるべきです。

『不易流行』。

 

日本が世界の潮流から遅れを取っている原因は

いまだに20世紀的(昭和的)軍隊主義が

あちこちに残っているからとも言えます。

 

自分に対して厳しくムチ打つのは得意ですが、

アメ玉が出てくると、

『虫歯になるから……』と、こばんでしまう。

 

そこのところを、

うまく受け取れるようになれるといいですよね。

 

『ほめる』の大事です。

 

 

未来は自分でつくれます!