言葉の温度



自分のつかう言葉と向きあう日々が続いていて、

「思えば遠くへきたもんだ」という感じがしています。

by 武田鉄矢

 

幼少の頃、

母は服やおもちゃをあまり買ってはくれませんでしたが、

本代だけは喜んで出してくれたので

買い物の楽しさとあいまって、自然と本好きになりました。

うまく誘導された感じです(笑)

 

一番最初にはまったのは

ポプラ社の怪盗ルパンシリーズ。

ホームズよりもルパン派でした。

その後、いくつかの推理小説やSF小説を読んだ後、

三島由紀夫と大江健三郎を読みふけります。

どちらも、憧れのマンガ家・星野之宣さんが読んでいたと

インタビュー記事で知ったからでした。

 

その後、大学に入ってからは

英文学者・高山宏さんの文章に魅了されましたが、

いずれにしても、

文芸的な言葉を「言葉」と思って生きてきた次第。

 

評論家的で、切れ味するどい鋭利な言葉、

温度感で言えば、クールな言葉たちだったと思います。

 

 

かたや、ビジネスにまつわる言葉は熱いですよね。

行動をうながす熱量が求められるので、

同じ言葉でも全然違う温度感です。

 

評論家的な言葉が

舞い散る「言の葉」を連想させるのに対し、

仕事の言葉には「言霊」に通じる躍動感があります。

 

 

つまり、今、ぼくがやろうとしているのは

言葉の温度を変えることなんですね。

そして、そうした言葉をつかうことで

目指しているのは幸せな世界。

 

「思えば遠くへきた」わけです。

© 2020 株式会社青い街