鏡の国の在りす



顔についた汚れをふくためには鏡を使いますが、

往々にして人は鏡をふいて汚れを取ろうとします。

不思議な話ですが、そうしちゃうんですね。

 

本当に顔の汚れを取りたければ、当たり前ですが、

顔をふかなければなりません。

これ、

まわりの人を正そうと思ってもなかなかうまくいかず、

結局のところ自分の在り方を見直すことが必要だ、と。

主に人間関係の根本的な解決策をを伝えるために

引き合いに出されるたとえ話です。

 

怒った顔をしていれば、まわりの人も怒った顔だし、

笑った顔をしていれば、笑顔が返ってくる、と。

 

内容的には難しい話ではありませんが、

腑に落とすのは容易じゃないんですよね。

さらに言えば、実践となると非常にハードルが高い。

自分を変えることってなかなかできませんから。

 

 

そう言えば

「顔を洗って出直してこい」って表現がありますね。

本来は「寝ぼけたことを言うなよ」って意味ですが、

この文脈で拡大解釈すると楽しいです。

「まだ、顔に汚れがついてるよ」と

なんだか親切な響きで聞こえてきます。

 

そうした考え方は「笑う門には福来る」にも通じますね。

福が来てから笑おうと思っているのは

鏡の中の顔を先に変えようとする感じ。

自分が笑えば、おのずと鏡の中の顔(=状況)も

変わっていきますから。

そっちが先なんですね。

© 2020 株式会社青い街