66歳の経営者が熱く語るDVD




物語コーポレーション会長、小林佳雄さんの

『意思決定』に関するDVDを見ました。

 

物語コーポレーションさんは

ものすごい勢いで成長している外食産業の雄。

 

3年後くらいには、売上日本一に

なるだろうと言われているグループです。

 

 

そのトップである小林さんが

大学生たちに『意思決定』の大切さを

語りかけるDVDです。

 

 

日本人はとかく『正解』を求める癖があり

自分自身の判断ではなく

 

『普通はどうするか?』

『みんなはどうするか?』

で判断しがちだけれど、

 

それだと他責になってしまう。

 

 

裏替えして言えば、

自分で『意思決定』をしなければ

学びになることはない。

 

そうした

お腹にズシンとくる内容でした。

 

 

こんな逸話も紹介されていました。

 

海外で教えている先生が

日本人の子供のとある特徴に気づく話。

 

他の国の子供たちはそんなことないのに、


日本人の子供たちは小学4年生になると

喧嘩をしなくなるそうです。

 

小さなグループができあがり

リーダー格の子供が決めたことに

みんなが従うので喧嘩がなくなるのだとか。

 

つまり、

意思決定をする機会が

極端に減ってしまうわけです。

 

意見を言わなくなるのも

そうした習性の延長線上にあるのでしょう。

 

 

小林さんは

意思決定の機会が減ることを

 

失敗して『勘』が養われるチャンスを

逸することだと指摘されています。

 

 

自分の人生を手触りをもって生き抜く上で

『意思決定』はとても大切ですね。

 

その重要さを真摯に伝えてくださる

とても貴重なDVDでした。


© 2020 株式会社青い街