8つの文字の中で、どれが好きですか?



昔、辻村ジュサブローさんの人形による『新八犬伝』

という番組がありました。

NHK総合で平日夕方に毎日15分の放送。

1973(昭和48)年4月から1975(昭和50)年3月までの

全464話という、圧倒的な重量感の番組でした。

 

原作は、曲亭馬琴の『南総里見八犬伝』。

「仁」「義」「礼」「智」「忠」「信」「孝」「悌」

の珠を持つ八犬士の冒険活劇です。

 

ところで、その八文字の中ではどれが好きですか?

 

ぼく自身は「礼」かなぁ。

番組を見ていた頃は、

主人公である犬塚信乃にひっぱられる形で

「孝」の文字にひかれていましたが、

今では形も意味も礼が好きです。

 

ちなみに、平仮名も礼からつくられた「れ」が好き。

下がっては上がるをくり返す、

ドラマチックな筆の動きにぐっときます。

 

もともとの意味としては、

「礼」は甘酒を神に捧げて幸福を祈る儀式を

あらわしていたそうです。

転じて、挨拶も意味します。

 

いずれにしても

「仁」「義」「礼」「智」「忠」「信」「孝」「悌」

の文字はどれもいいですね。

身のひきしまる感じがあります。

 

この番組はマスターテープが消去されてしまっており、

一般にビデオで出まわる以前の時代だったことから

ごく一部をNHKアーカイブスで見られるだけですが、

ご興味ある方はこちらでどうぞ。

https://www.nhk.or.jp/archives/search/special/detail/?d=puppet-anime004

© 2020 株式会社青い街