​プログラム説明

幸福道場/自己変革

すべての人が「幸せになりたい」と願っているでしょうか?

ぼくはたぶん違うと思います。

お金持ちになりたいとか、有名になりたいとか、結婚がしたいとか……。具体的な願望はあっても、幸せになるという抽象的な望みを持っている人はそれほど多くないと思うのです。

何を幸せと感じるかは人それぞれですから、まずもって「自分は何を大切にしたいのか?」を考えなければなりませんしね。

さらに言えば、幸せになんてなりたくない、なれるはずもないという、ひねくれたイメージを持つ人もいます。

​スギオカ自身もけっこうそのたぐいの人間でした。自己肯定感が低かったのです。とても頭でっかちで、あらゆることに対して批評家的だったと思います。

結果として家庭はうまくいかず、職場においても鬱状態にはまりました。失意に沈み、何をどうしていいのかわからない日々でした。

しかし、困り果てたからこそ、とても素直に「幸せになりたいなぁ」と思えたのです。そこが出発点となり、今では毎日がとても楽しくなりました。

悩んでいた当時、スギオカは50歳でした。情けなかったと思う反面、人は​何歳からでも変われることの証しになったのではないかとも思います。今日では人生100年時代と言われますから、それは折り返し地点でのターンだったのかも知れません。

一連の経験でわかったのは、扉をひらく鍵が「素直さ」だということ。

現代人は多くのことをひねって考えがちですが、それは端的にゆがんだ思考と言えます。​やるべきことをやっている(と思っている)人ほど、その傾向は強いですね。

つまり、​『幸福道場/自己変革』がめざす境地とは、ありのままの素直な自分であり、運命に対して感謝できる状態です。

では、どうやったら素直になれるのでしょう?

​邪魔をしているのは恐れの感情です。

あれをしたら怒られる、これをしたらまずいことになるという恐れが、心と体の動きを萎縮させます。

そして、恐れは怒りを通じて感染もします。

怒られた人は自分よりも弱いものに感情をぶつけ、恐れのウイルスを広げてしまうのです。

子供の素直さは自然ですが、一旦恐れにそまった大人が素直さを取り戻すには、笑われてもいい、バカにされてもいいという勇気が必要になります。

このプログラムを「道場」と名づけたのは、その鍛練にフォーカスしたいからです。

強い技を覚えたから幸せになれるのではなく、みずからの意志で恐れを超える道踏み出すことこそ、幸せへの第一歩と言えます

​その変革への旅立ちと道行きをスギオカは全力でサポートします。

プログラム受講をご希望の方は、当サイトのSHOPにて『幸福道場/自己変革』チケットをお買い求めください。

ご登録いただいたメール・アドレスに折り返しご連絡をさしあげます。メールのやりとりでセッションの日時を調整しましょう。

本プログラムは以下すべての内容をふくんで、250,000円(税込)です。

■ 1回2時間 X 4回のセッション(3週間周期)

 セッションは基本的にはZoomで行いますが、川崎までお越しいただける方はリアルでもお会いします

■ 1〜3回目までは事前記入シートあり

■ メールでのご相談は期間中(1回目のセッションから4回目までの9週間)1つのテーマに関して無制限です

© 2019 株式会社青い街